年収500万円の20代女性「結婚相手も同程度は稼いでほしい。2人で1000万なら普通の生活ができる」

©株式会社グローバルウェイ

結婚相手に求める年収は?

結婚は人生のライフイベントの1つだ。しかしいつまでも華やかな新婚生活というわけでもなく、現実的な日々の暮らしのことを考える人の方が多いはずだ。自分の収入で生計を立てていた独身時代とは違い、結婚後は2人の、子どもが生まれたら子どもも含めた生活を想定しなければならない。

極端な話、自分が食い扶持を失えば、結婚相手の稼ぎが頼みの綱だ。仮に自分より結婚相手の年収が倍以上なら、計算上は独身時代の生活水準を維持できる。

しかし結婚相手の年収が自分の半分以下だと「せっかくの結婚も何だか割に合わない」と考えてしまうのは筆者だけだろうか。今回は首都圏に住む女性が思う、結婚相手に求める年収を紹介する。(文:鹿賀大資)

「自分より年収が低い人を養いたくない」という人も

メーカー系勤務の30代女性は「自分より年収が低い人を養いたくないから」といい、自身の年収と同じ1500万円を結婚相手に求めている。

別の30代女性が結婚相手に求める理想の年収は600万円、最低ラインは年収300万円としている。その理由は「自分自身が年収600万円くらいのため」という。結婚相手には自分と同じくらい、そうでなくても自分の半分くらいは稼いでほしいといったところだろうか。

サービス系勤務の20代女性は「2人で働けば年収1000万円は超えるだろう」と、結婚相手には自身と同程度の年収500万円を求めている。それでやっと「普通の暮らしができると思う」とのことだ。

IT・通信系の会社で働く30代女性は「高卒で特別な資格などもありません」といい、「それでも年収500万円以上を稼いでます」という。結婚には平等を求めており、希望年収については「私と同じくらい稼いでいてほしいです」と綴る。また、

「お互いに同じ給料なら、相手から『養ってやってる』とか『誰のせいで生きていけると思ってるんだ!』とか言われないですから」

とコメントしている。

「今の状況を考えると、結婚後は共働きでお互いに年収500万円程度はあった方が安心」

不動産・建設系勤務の40代女性の年収は750万円。両親が重病のため、その介護で1年間の休職期間に入ってまだ間もない。収入が激減している中で、結婚について綴る。

「今の状況を考えると、結婚後は共働きでお互いに年収500万円程度はあった方が安心です。例えそれ以下であったとしても、生活の質を下げること自体は困らないので、何とかしていくと思います。ちなみにこの休職中は、貯金でやり繰りできます」

30代女性はサービス系のフリーランスで、年収500万円。結婚について「子どもが生まれた場合に"共働き一択"ではなくなる」と述べ、結婚相手には年収700万円を望む。また、

「周りの男性で『ある程度の年齢に行くと、年収の低さと人格などが比例している』と言っている人が多い」

という。ある種、順当に昇給していかないと自身でもネックに思い、卑屈になってしまうのかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続き「結婚相手に求める年収は?」「今の月収に満足していますか?」に関するアンケートを募集しています。