DeNA球団職員1人感染 チーム活動に支障なし

©株式会社神奈川新聞社

マスク(イメージ)

 横浜DeNAは21日、野球振興・スクール事業に従事する球団職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同じ業務に携わるスタッフ1人が濃厚接触者として現在自宅待機となっているが、選手らとの接触はなく、チーム活動に支障はないという。

 当該球団職員は16、17日に出勤。18日に体調不良のために病院で診察を受け、19日のPCR検査で20日に陽性と判定された。