人材呼び込め 県内自治体、コロナ後照準

©株式会社上毛新聞社

 新型コロナウイルスの収束後を見据え、自治体が群馬県内への人材の呼び込みに力を入れている。コロナ禍での生活様式の変化を好機と捉え、テレワーク拠点の提供をはじめ、密集を避けやすい地方での受け入れ強化を模索。ワーキングスペースの利用で地方を訪れる人を増やすほか、移住者への支援態勢を整え、地域活性化を目指す。新しい働き方や価値観に合わせたデジタル化の取り組みにも意欲を見せる。

 県も地方への関心の高まりを移住に結び付けようと、オンラインによる相談体制を整えた。新型コロナの影響で従来の対面相談や大規模なイベントを通じたPRが難しい中、新たなスタイルで相談を受け付け、本県の魅力を売り込む。