台風12号24日から25日にかけて県内に接近の見通し

©株式会社和歌山放送

台風12号が日本の南を北上し、あさって(24日)から25日にかけて紀伊半島をはじめとした近畿地方に接近する見込みのため、気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

気象台によりますと台風12号は日本の南海上をゆっくりとした速さで北北東に進んでいます。中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートルの最大瞬間風速は35メートル、中心の北側390キロ以内と南側185キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は今後ゆっくり北上し、あさって(24日)から25日にかけて紀伊半島や近畿地方に接近する見通しです。

台風の北上に伴ってあす(23日)から前線の活動が活発になり、近畿南部を中心に大雨となる恐れがあります。雨雲が予想以上に発達したり、       停滞した場合には警報級の雨になる恐れがあるとして気象台では注意を呼びかけています。

予想される雨の量は、あす(23日)午前6時からの24時間で紀伊半島南部などの近畿南部で100ミリから200ミリとなっています。

風もあす(23日)近畿南部の海上で強まり、最大風速が18メートル、最大瞬間風速が30メートルになる恐れがあり、うねりを伴ってしけると見込まれています。

気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、強風、高波、落雷などに十分注意するよう呼びかけています。