米テスラ、22年まで電池の大量生産実現せず=マスク氏

©ロイター

[22日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、22日に開催する「バッテリーデー」に先立ち、同イベントで発表する内容に関して、2022年までは電池の大量生産は実現しないとの見解を示した。これを受け、同社の株価は時間外取引で下落した。

アナリストらはマスク氏がバッテリーデーで、電池の自社生産に向けた計画を明らかにすると期待していた。

しかし、マスク氏はイベントを前にツイッターへの投稿で「これは特にセミやサイバートラック、ロードスターの長期的な生産に影響するが、われわれが発表する内容は2022年までは大量生産に届かないだろう」と述べた。

マスク氏はまた、2022年以降に電池が大幅に不足する見込みだとし、パナソニック<6752.T>や韓国のLG化学<051910.KS>、中国の寧徳時代新能科技(CATL)<300750.SZ>、その他の企業からの電池購入を拡大する意向だと語った。