軽自動車からスーパーカーまで、大切な財産である愛車を車両盗難から守るためには|ミラージュ【Vol.2】

©オートックワン株式会社

盗難率のランキングではなく自分の愛車をしっかり守りたい

ミラージュ東京代表の山内さん。「軽自動車もスーパーカーも愛車という意味では一緒です」と語る

前回はカーセキュリティの選び方について紹介したが、2回目となる今回は盗難されやすい車種やそれに対するセキュリティ対策について紹介して行くこととしよう。

今回も高いレベルのセキュリティ取り付けで定評のあるミラージュ東京(東京都大田区)代表である山内さんに話をうかがった。

メディアなどでたびたび取り上げられる盗難件数のワーストランキング。クルマのオーナーならば一度はどこかで目にしたことがあるだろう。もちろんそのランキングに愛車が入っていたら気になる。セキュリティを取り付ける動機付けになるだろう。さらに車両盗難の多い地域なども気になるポイントだ。

しかし、ここには数字のマジックがある。某ハイブリッド車のように販売台数が多く市中を走っている台数が多ければ母数も多くなる。車両盗難の確率という面では少し違った見方ができるだろう。

「ここで一番考えて欲しいのはワーストランキングを見て一喜一憂するのではなく、どんな車種であっても“愛車は大切な財産である”と言うこと。フェラーリなどの高級外車はもちろん、軽自動車にもセキュリティを必要とするユーザーはいるのです。また近年は旧車に乗るユーザーからの需要も増えつつあります。“絶対に盗まれたくない”そう強く思っているユーザーがセキュリティを真剣に考えて取り付けているということなのです」。

狙われやすい代表車種であるランドクルーザー・プラド, 盗まれてしまっては二度と手に入らない希少な車両もある
狙われやすい代表車種であるランドクルーザー・プラド, 盗まれてしまっては二度と手に入らない希少な車両もある

もちろんプロの目から見た“狙われる車種”は存在する。実際にプラドは窃盗犯に狙われる代表的な車種の一台だ。またレクサスLXやRXなどのSUVもターゲットになることが多い。さらにGT-RやWRXなどのスポーツカー、さらには旧車なども要注意車種と言えるだろう。希少な旧車は盗まれてしまうと二度と手に入らないケースもあることも念頭に置いてセキュリティ対策を施そう。

ランクルやレクサス、旧車など車両盗難のプロは素人の想像の遥か先を行く

車両盗難の標的にされやすいランドクルーザー。自衛策を施しても決して安心できないが、強固なカーセキュリティをインストールするミラージュならば盗難の確立をゼロに近づけることができる

ところで、ユーザー自身が愛車のセキュリティ対策を独自で工夫する例も少なくない。特にワーストランキングにランクインしている車種を持つユーザーには多く見られる傾向だという。

「盗難のリスクを低くしようというユーザー独自の試みがあります。例えば以前ランクルを買ったユーザーが、駐車場の奥にランクルを止めて、駐車場の入り口を塞ぐように奥さまの軽自動車を駐車していました。これなら窃盗犯もクルマを乗り出せないだろうと考えたのです。しかし実際にはランクルのエンジンが掛けられ、軽自動車を押しのけて逃走したと言います。これはクルマのエンジンが掛かってクルマが動いてしまったことが計算違いだったのです」。

結局はランクルも盗まれ、奥さまの軽自動車も傷つけられてしまうことになったためダメージもむしろ大きくなってしまったこの事例。自宅駐車場の環境を見てセキュリティは必要ないと判断してしまったのもユーザー判断の間違いだったということだろう。車両盗難の手口はさまざまであり、素人ユーザーの想像の遙か先を行く窃盗犯によるプロの手口があることを知っておこう。

自宅の敷地内の駐車場だから大丈夫と思っていても、カーセキュリティなしの状態で狙われてしまったら愛車を守ることはできない

「たとえ話としてユーザーに言うことがあるのですが“強固なセキュリティが付いていればドアロックをしなくても大丈夫”という冗談のような話があります。ドアロックが解除されて車内に入られても、エンジンさえ始動できなければ車両盗難は防げるのです。そのためには高度なセキュリティは欠かすことができません。前回もお話しした通り、特にセキュリティ性の高いダブルイモビライザーが重要になります」。

愛車の駐車環境や使用状況に合わせた最適なカーセキュリティを構築

同店が考える現在最強のカーセキュリティシステムはクリフォード、リレーアタック対策、そしてGPSを組み合わせたシステムだ。まずエンジンを掛けられないようにする。リレーアタックを防止する。そして万が一盗まれた場合でもGSPで追跡して見つけ出す。カーセキュリティにしかできない愛車の防犯対策を同店は推し進めている。

他店では施工を断られることもあるというランクルだが、ミラージュでは問題なくカーセキュリティを施工できる

このようにケースバイケースで車両盗難を防ぐスタイルや方法は千差万別だ。そこでミラージュでは来店したユーザーへの問診をたっぷり時間を掛けているという。

「最低でも1時間程度。2時間、3時間と話し込んでしまうことも多いです。その間に駐車環境、運転の頻度や状況、誰が運転するのかなど、カーセキュリティで愛車を守るために必要なさまざまな情報をすべて伺います。その上でオーダーメイドで適切なシステムを提案するのが当社流です。複雑なパーツ類や高度な施工が組み合わさってできているカーセキュリティだけに、ユーザーに合わせたシステム作りは非常に大切なポイントなのです」。

ミラージュでオススメしているクリフォード。セキュリティレベルが非常に高いうえに操作が簡単で、耐久性も高いという

この詳細な問診はユーザーに最適なセキュリティシステムの構築という点に加えて、ショップとユーザーの信頼感を作る上でも非常に重要なコミュニケーション手法となっている。

「この時間にユーザーが不安に思っていることを全部お聞きします。本当に愛車が守れるのか? このショップに頼んで大丈夫なのか? セキュリティシステムはこれで十分なのか? など、さまざまな疑問や不安をどんどんぶつけてください。ひとつひとつお答えしてすべての不安を解消することで、ユーザーとの信頼感を高めているのです。だからこそ当社でオーダーしたユーザーの納車後の満足度は非常に高いのだと自負しています」。

1台ずつオーダーメイド。軽自動車でもフェラーリでも守りたい気持ちは同じ

ショップの信頼感を高めるために同店では店舗の設計にもこだわる。ピットはガラス張りで施工作業が見ることができるのもそのひとつ。ピットやショールームも隅々まで整理整頓が行き届き、安心して愛車を任せられるという安心感を伝えてくれる。

セキュリティの必要性と、最適なシステム作りをオーダーメイドで作ることこそが、ユーザーにもっとも求められているカーセキュリティであることがわかった。そのすべてを満たしているミラージュで、愛車を守るセキュリティの相談をスタートさせてみよう。

▼カーセキュリティで プロの窃盗団を撃退できるのか?【動画で知るミラージュ】