「『FF16』に抱いた第一印象は?」結果発表! 期待派と慎重論に分かれたユーザーの声、吉田Pに期待する意見も多数到着【アンケート】

©株式会社イード

「『FF16』に抱いた第一印象は?」結果発表! 期待派と慎重論に分かれたユーザーの声、吉田Pに期待する意見も多数到着【アンケート】

RPGを代表する名作のひとつとして、長年語り続けられている『ファイナルファンタジー』シリーズ。今年の4月には、特に人気の高い『VII』がリメイクされて話題となったばかりです。

そして、先日行われた映像イベント「PlayStation 5 SHOWCASE」にて、ナンバリングタイトル最新作の『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』(以下、FF16)が発表。シリーズの新たな展開が明らかとなり、多くのゲームファンを歓喜させました。

本作の詳細についてはまだ明かされておらず、現時点ではPS5向けにリリースされるアクションRPGという情報のみ。それだけに、期待を寄せる方もいれば、慎重に続報を待つ人もいることでしょう。

そこでインサイドでは、『FF16』に対してユーザーがどのような第一印象を抱いたのか、その実体を調査するアンケートを行いました。545人の回答者たちが感じた『FF16』の印象と、本作に対する生の声をこちらからご覧ください。

「楽しみだし、ぜひ遊んでみたい」:145票(26.6%)

今回のアンケートでは、最高評価から慎重な意見まで3段階の回答を用意しましたが、2段目に当たる「楽しみだし、ぜひ遊んでみたい」を選んだ方がこちら。「面白そう」「期待しかしてない」「早くゲームの進化を体験してみたい」など、コメントも本作を待ちわびる声が目立っています。また、「ファンタジー感が戻ってきて嬉しい」と、映像から受ける印象を露わとした意見もありました。

更に、『FF14』を手がけている吉田直樹氏や髙井浩氏が本作の開発に当たっているため、「FF14の吉田P/Dがプロデューサーとのことなので、とても楽しみです!」「プロデューサーとディレクターが信頼できる2人なので、非常に楽しみにしています」「頑張れ吉P!」と、開発陣に期待を寄せる方々も。兼任となるので、吉田氏の体調面を心配する声も届いています。

【読者の声】(一部抜粋)

「予告だけでもう最高!確実にプレイする!」:152票(27.9%)

続いて、回答項目では最高評価の「予告だけでもう最高!確実にプレイする!」が着地。先ほどの「楽しみだし、ぜひ遊んでみたい」と合算すると、現時点で一定以上の期待を寄せる声が過半数を占める形となりました。

「絶対買います」「これを待っていた、、、!」「早くプレイしたいっっ!!」「楽しみすぎて待ちきれない!それだけ!」などの前のめりな声が特に多く、「PS5を買う動機になります」とハードの購入を後押しされた方もいるほどです。

また、「吉田さん色でてますね(^-^)」「プロデューサーがFF14の吉田Pだから期待できる!楽しみにしてます」「よしだー! 体に気をつけて ちょー期待してます」といった開発陣への期待は、こちらにも集まっています。

【読者の声】(一部抜粋)

「今後の情報を見て判断かな」:245票(45%)

今回のアンケートで最も多かったのは、慎重に動向を窺う「今後の情報を見て判断かな」でした。獲得した票数は245票とかなりの支持を集めており、割合で見ると全体の45%を占めています(無回答 0.6%)。一口に『FF』と言っても、シナリオやゲーム面などの方向性は各作品で異なっており、ユーザーの好みの千差万別。そのため、相性が合うか否かを今後の展開で見極めたいとする意見が多い模様です。

また、ナンバリングタイトルで前作に当たる『FF15』の開発期間が長かったり、予定されていたDLCが中止になってしまったりした件などを例に挙げ、「15みたいにならないで」と不安視する声も寄せられています。

更に、アクション要素を取り入れている点についても賛否が分かれており、「アクション苦手な人間にはアクション要素があるだけで敬遠してしまう」と述べるコメントも。一方で、回答としては続報待ちですが、「鳥肌の立つようなFFが帰ってくることを願っております!」と期待を込めた意見も届いています。

情報が少ないので、期待と不安が入り交じるのも当然の話。『FF16』に関する大きな新情報は2021年に公開される予定なので、期待派も慎重派も続報をお待ちください。

【読者の声】(一部抜粋)


臥待 弦