巡行中止で神事のみ 海老江曳山まつり

©株式会社北日本新聞社

保存会員らが参列した海老江曳山まつりの神事=海老江まつり資料館

 新型コロナウイルスの影響で曳山(ひきやま)の巡行を取りやめた射水市海老江地区(新湊)の「海老江曳山まつり」の神事が22日、各町の格納庫で行われた。

 まつりは、江戸時代後期から受け継がれており、同日に行う予定だった。しかし、参加者や見物客の新型コロナ感染予防策が万全に取れないため、巡行を取りやめ、神事のみ行った。

 中町と東町の曳山の格納庫が併設されている海老江まつり資料館では、それぞれ格納庫前に、保存会員らが参列。おはらいや祝詞奏上に続き、玉串をささげた。西町の格納庫でも神事を行った。

 それぞれの格納庫は開放され、来場者が曳山を自由に見て回った。