【北海道の天気 9/22(火)】台風12号が北上 北海道への影響は“大荒れ”と“雪”…!?

©北海道文化放送株式会社

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後6時40分現在

◆台風12号

今週は北上を続け、25日(金)に三陸沖で温帯低気圧に変わる見込みです。

ただ、北海道にも影響がありそうです。

活発な雨雲がかかり、25日(金)から26日(土)にかけて、大雨の恐れがあります。

また東風も強まるでしょう。

高波への備えも早めにお願いします。

また、上空の寒気を巻き込むため、急に寒くなり、25日(金)は大雪山系の山では

初雪となる可能性があります。

台風によって、急に季節が進みそうです。

◆あすの天気

日差しの出る所が多くなりますが、渡島・胆振地方は、早朝から昼過ぎにかけて

雨が降るでしょう。

札幌周辺はくもりがちですが、昼前後は晴れ間も出そうです。

◆あすの気温

きょうより2~5℃も低くなりそうです。

オホーツク海側は、最高気温でも17℃前後で、10月並みの低温です。

札幌は22℃で、過ごしやすいでしょう。朝晩は、上着が必要となりそうです。

◆週間予報

24日(木)は日本海側やオホーツク海側は、青空が広がるでしょう。

朝は冷えますが、日中は快適な陽気です。

太平洋側は雲が多く、沿岸部では霧が出るでしょう。

25日(金)から26日(土)は、台風12号の影響で、大荒れとなる恐れがあります。

大雨、強風、高波の対策をして下さい。