敬老の日に児童が手作りカード もらったお年寄りにこにこ 金峰・松田自治会

©株式会社南日本新聞社

カードを掲げる児童とお年寄り=南さつま市金峰町宮崎

 南さつま市金峰町宮崎の松田自治会の子どもたちが20日、地域のお年寄りを訪ねて敬老の日を祝った。例年のようにみんなで集まれない分、手作りのメッセージカードを贈り笑顔の交流をした。

 当初は大園哲生会長(62)ら役員が記念品を届ける計画だったが、子どもたちが「おじいちゃん、おばあちゃんに会いたい」と要望した。カードは「体を大事にお過ごしください」といたわりの言葉を添え、明るい折り紙を飾って75歳以上の34人一人一人に作った。

 役員や保護者と一緒に5人が訪ねると、お年寄りは心温まるプレゼントに顔を崩した。橘薗寛一さん(78)は「こんなことは初めて。元気が出た」と感謝した。阿多小学校6年の茅野亜音(あのん)さん、中原明日香さんは「喜んでもらおうと頑張った。うれしそうな表情が見られてよかった」と話した。