ロアッソ3連勝、YS横浜に2─0 前半戦2位ターン 

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-YS横浜】前半26分、先制点を決める熊本の中原=えがお健康スタジアム(後藤仁孝)
【熊本-YS横浜】後半21分、2-0とするシュートを決めて喜ぶ熊本の谷口(右)

 明治安田J3第17節最終日は22日、えがお健康スタジアムなどで9試合を行い、2位のロアッソ熊本は12位のYS横浜を2─0で退け、今季3度目の3連勝を果たした。通算成績を12勝2分け3敗の勝ち点38とし、2位で今季の前半戦を折り返した。

 熊本は出場停止の高橋利樹に代わり、浅川隼人が3トップの中央に入って4─3─3の布陣を敷いた。前半26分、ショートコーナーからボールをつなぎ、FW中原輝がミドルシュートを決めて先制。後半21分には、DF黒木晃平のプレスが相手GKのパスミスを誘い、ボールを奪ったFW谷口海斗が追加点を挙げた。

 他会場では、5位鹿児島と0─0で引き分けた秋田が首位を維持し、讃岐に1─0で勝利した長野が3位に浮上。熊本と1試合少ない秋田の勝ち点差は2に縮まり、長野との差は6のまま。

 次節の熊本は27日午後2時から、大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田で15位のG大阪U─23と対戦する。