NY株反発、140ドル高

ハイテク株買い戻し

©一般社団法人共同通信社

ニューヨーク証券取引所=5月(UPI=共同)

 【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに上昇し、前日比140.48ドル高の2万7288.18ドルで取引を終えた。このところ下落が続いて値ごろ感が出たため、ハイテク株中心に買い戻しが優勢となった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は184.84ポイント高の1万0963.64。

 資産運用会社が投資判断を引き上げたインターネット通販のアマゾン・コムが5%超上昇し、相場をけん引した。ただ、追加経済対策が遅れるとの観測が相場の重しとなり、ダウ平均は下げに転じる場面もあった。