米移送なら「自殺リスク」

アサンジ被告、診察の医師証言

©一般社団法人共同通信社

ジュリアン・アサンジ被告(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】米国で起訴された内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ被告の引き渡しを巡る英国での審理で、収監中の被告を診察した精神科医が22日、被告は不安定な精神状態で、移送が現実になれば「自殺のリスク」が高まると証言した。英メディアが報じた。

 これに対し、米政府の代理人弁護士は、被告が収監されているロンドン郊外の拘置所で図書館に通ったり、他の収監者とプールで遊んだりしているとする拘置所の記録を基に疑問を呈した。

 アサンジ被告と約20回面会した医師は、うつ病など複合的な精神疾患から、引き渡しを苦に被告が自殺を図る恐れが高まるとした。