福島商エース・浅倉『乱調』 連投の疲労響く...「申し訳ない」

©福島民友新聞株式会社

【東日大昌平―福島商】2試合連続で登板した福島商のエース浅倉

 準決勝に続き2試合連続でマウンドに上がった福島商のエース浅倉優樹(2年)は「投げ切りたかった。申し訳ない」と言葉少なに振り返り、4回途中での降板に悔しさをにじませた。

 浅倉は連戦の疲労が響き5失点。コースを突く130キロ台後半の直球に加え、チェンジアップを武器とするが右腕に違和感があった。歯を食いしばりながら立ち向かったが、自覚できるほどに握力は弱まっていた。その影響からか3、4回は制球が乱れて四球を出し、失点につながった。

 しかし、仲間からエースへの信頼感は揺るがない。3番手としてマウンドに上がった遊撃手の主将田中冴輝(2年)は「(浅倉が)『ごめん』と謝ってきたが、その必要はない。福商のエースは絶対に浅倉」と言い切った。

 福島商は2年ぶりの東北大会出場となる。浅倉は「東北大会まで時間はないが、(完投するため)体力を強化して臨みたい」と誓った。

 【9月22日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・最終日