バナナマン日村勇紀、山盛りのガリをサーモンと間違える

©株式会社光文社

乃木坂46・松村沙友理が、9月20日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で、バナナマン・日村勇紀の失態を語った。

松村は番組でおこなわれたグアムロケで、ビュッフェで見た日村の行動を回想。「寿司の手前に山盛りのガリがあって、それを日村さんが『わ~! サーモンだ!』(と言いながら取っていた)」と話す。

これに対して日村は「だって横に寿司があるんだもん。暗いんだよ」と言い訳。松村は「誰も取ってなかったのに、一人だけ『サーモンだ~』と大量に(取っていた)」と追及。

日村は、「実はテーブルに帰る途中に(ガリの)匂いが来て、『やべえ、これガリだ』って手が震えてるんだよ。あー、って」と慌てたことを振り返っていた。

また、番組では「日村が乃木坂46に陰で言われたら傷つく悪口」というエピソードを紹介。

設楽統が「この番組で(占い師の)魚ちゃんが来たときに(日村に)『香水、つけすぎ』って帰っていった」と暴露。

それを指摘されてから日村は香水をやめたという。

長年共演している乃木坂46と日村ならではの秘話が明かされた。