中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し 甘粛省宕昌県

©新華社

中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し 甘粛省宕昌県

 18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で収穫したダイオウ。(隴南=新華社記者/馬希平)

 【新華社隴南9月23日】中国甘粛省隴南市宕昌(とうしょう)県では、古くからトウキやトウジン、キバナオウギ、ダイオウなど中医薬材料を栽培している。同県はここ数年、貧困世帯の安定的な増収を図るため、環境に配慮した中医薬材料の標準化生産拠点の建設推進に注力。今年の栽培面積は40万ムー(約2万6700ヘクタール)で、栽培農家1人当たりの収入が3100元(1元=約15円)以上に達する見込みとなった。地元の中医薬材料産業は、安定的な貧困脱却や農家の増収促進、県域経済の発展を支える主力産業となっている。

中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し 甘粛省宕昌県

 18日、宕昌県哈達鋪鎮上竜布村の農豊特色農業農民専業合作社(協同組合)で、中医薬の材料を天日干しする村民。(隴南=新華社記者/馬希平)

中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し 甘粛省宕昌県

 18日、宕昌県哈達鋪鎮上竜布村の農豊特色農業農民専業合作社(協同組合)で、中医薬の材料を加工する村民。(隴南=新華社記者/馬希平)

中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し 甘粛省宕昌県

 18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で収穫する村民。(隴南=新華社記者/馬希平)

中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し 甘粛省宕昌県

 18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で収穫したダイオウ。(隴南=新華社記者/馬希平)

中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し 甘粛省宕昌県

 18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で、中医薬の材料を収穫する村民。(隴南=新華社記者/馬希平)

中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し 甘粛省宕昌県

 18日、宕昌県の拉路梁中薬材標準化栽培モデル拠点で、中医薬の材料を収穫する村民。(隴南=新華社記者/馬希平)

中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し 甘粛省宕昌県

 18日、宕昌県哈達鋪鎮上竜布村の農豊特色農業農民専業合作社(協同組合)で、中医薬の材料を天日干しする村民。(隴南=新華社記者/馬希平)

中医薬材料の栽培で貧困脱却を後押し 甘粛省宕昌県

 18日、宕昌県哈達鋪鎮上竜布村の農豊特色農業農民専業合作社(協同組合)で、中医薬の材料を天日干しする村民。(隴南=新華社記者/馬希平)