「dancyu」編集長・植野広生自ら“おなじみのメニュー”を店主と作る料理番組スタート!

©株式会社東京ニュース通信社

BSフジでは10月5日に「日本一ふつうで美味しい植野食堂 by dancyu」(月~金曜午後7:00)がスタート。雑誌「dancyu」の編集長・植野広生氏が、「この料理ならこのお店が日本一!」と信じて疑わない店を訪れてレシピを聞き込み、店主と一緒に作ってみる新感覚料理番組で、作る料理は日本人なら誰もが知るおなじみのメニューばかり。果たして日本一の味に近づくことはできるのか?

番組公式サイト(https://www.bsfuji.tv/ueno_shokudo/)には、番組で取り扱ったレシピを動画と合わせて掲載。素朴で普通だけれど後世に残したい味を紹介する。植野は「初回は“豚の生姜焼き”という特に定番で分かりやすい料理ですが、だからこそ、お店の努力、苦労、手間のかけ方がよく分かり、僕も非常に勉強になりました」と手応えを感じている様子。

番組については「ただ店を訪ねるグルメ番組だと思わずに、料理や飲食店のことを深く知ることができて、いつも作っている料理がもうちょっとおいしくなる、楽しくなる、そういう目で見ていただけると、番組のタイトルの意味がお分かりいただけると思います」とアピールしている。