完全新作『涼宮ハルヒの直観』カバーデザインが解禁 いとうのいぢ氏描き下ろし「ハルヒ&鶴屋さん」で初回生産限定リバーシブルカバー仕様へ

©株式会社Days

スニーカー文庫刊『涼宮ハルヒ』シリーズの完全新作『涼宮ハルヒの直観』のカバーデザインが解禁された。本作は超常現象が大好きな涼宮ハルヒと普通の高校生キョンの周囲で不思議なトラブルが続発するSF学園ストーリー作品。『涼宮ハルヒの直観』は9年半ぶりとなる完全新作として2020年11月25日に発売される。発売決定を記念して未公開だったカバーデザインが公開され、表紙イラストにはいとうのいぢ氏による「涼宮ハルヒ」と、本作中のキーキャラクターとなる「鶴屋さん」が描き下ろされた。また、初回生産限定版では、かつてのスニーカー文庫のデザインを再現したリバーシブルカバー仕様となることも明らかとなっている。

リバーシブルカバーの表面は、現在のスニーカー文庫仕様となっており、裏面はかつてのスニーカー文庫を再現。既刊シリーズの読者は『涼宮ハルヒの憂鬱』が発売された2003年当時を思い出しながら、初めて「ハルヒ」に触れる読者は、スニーカー文庫の歴史を感じながら楽しむことができる。

『涼宮ハルヒの直観』は不思議も異変もない日常を、ハルヒとSOS団の「直観」が読み解いていくという物語で、250ページを超える完全書き下ろし「鶴屋さんの挑戦」ほか、画集・雑誌に収録された2編の短編を加えた最新刊となる。

【収録内容】


・「あてずっぽナンバーズ」※『いとうのいぢ画集 ハルヒ百花』収録

SOS団総出の初詣。鶴屋さんから借りたという着物に身を包んだ、ハルヒと長門と朝比奈さんはなかなか壮観だった。そんな中、古泉がふと呟いた数字の意味とは――


・「七不思議オーバータイム」※『ザ・スニーカー LEGEND』収録

初夏の気配を感じる放課後。ハルヒ不在の部室に、ある珍客が訪れる。ミステリ研究部に所属する彼女が言うには、ハルヒが「学校の七不思議」に興味を持っているらしく――


・「鶴屋さんの挑戦」※書き下ろしエピソード

滅多に使われないSOS団直通アドレスに、ふいにメールが届く。差出人は現在旅行中で学校を欠席している鶴屋さんだった。「問題を出すから、皆の衆には解答をお願いするよ」というメールに添付されていたのは、謎の旅の思い出話。それは、鶴屋さんからSOS団への挑戦状だった――


『涼宮ハルヒの直観』は、スニーカー文庫より2020年11月25日発売。


[関連サイト]

『涼宮ハルヒの直観』作品ページ

「涼宮ハルヒ」シリーズ公式Twitter

SOS団ウェブサイト

『涼宮ハルヒの憂鬱』特設ファンサイト

『涼宮ハルヒ』シリーズ原作公式サイト

スニーカー文庫公式サイト