菅首相、被災地軽視を否定

内閣の方針に「震災」欠落で

©一般社団法人共同通信社

 菅義偉首相は23日、初閣議で決定した内閣の基本方針に東日本大震災や東京電力福島第1原発事故に関する記述がなかったことを巡り、被災地軽視との見方を否定した。官邸で会談した平沢勝栄復興相に「復興は最も重要な課題の一つだ。しっかりと全力で取り組む」と語った。平沢氏が記者団に明らかにした。

 首相は「できるだけ早く福島に行き、現場を見たい」と述べ、近く訪問する意向も示した。現地で被災地重視の姿勢をアピールし、「失点」を挽回したいとみられる。