チェルシーに加入したシウバ、プレミア挑戦の決め手はスタイルの変化と語る「以前はロングボール主体だったから…」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバは、以前のスタイルのままだったらプレミアリーグ挑戦を望んでいなかったと明かした。

【プレミアリーグ】前半ATのクリステンセン退場が転機に!リバプール、マネ2発でチェルシーに快勝!

パリ・サンジェルマンを退団した36歳シウバは、今夏フリーでチェルシーに加入。過去のキャリアでは何度もプレミアリーグのクラブからオファーを届いていたシウバだったが、近年の技術的なクオリティを持つイングランドサッカーの驚異的な発展がチェルシー行きを決断したと語った。

大型補強を敢行したチェルシー!強豪を押しのけリーグ制覇を狙う! ~新シーズンプレビュー~

「個人的にはプレミアのサッカーは難しいスタイルだと思っていた。ロングボールが特徴的なリーグだと思っていたし、僕には魅力的ではなかった。そのスタイルでのプレーの仕方は知っているけど、僕のクオリティを知っているからこそグラウンドで戦いたいと思っていたんだ。だけど少しずつスタイルも近代的になり、僕もプレミアに惹かれていったんだ」。