【連載】おしゃれな吊り下げ収納に!簡単100均リメイクで「フックスタンド」を作ろう!

©株式会社大新社

錆びた無骨なスタンドと、エレガントなアールラインフックの組み合わせが美しい「フックスタンド」。

吊り下げ収納やインテリアディスプレイにぴったりな、ユニークな形状のフックスタンドです。

今回はこちらのスタンドを、100均アイテムを使った簡単DIYで作ってみようと思います。

材料は「S字フック」と100均アイテムで

材料として使ったのは『セリア』の「キッチンペーパーホルダー」と、家にあった「S字フック」です。

これら2つのアイテムをうまく組み合わせることによって、フックスタンドを作ります。

とっても簡単「組み合わせDIY」!フックスタンドの作り方

1.ウッドスタンドに穴をあける

電動ドリルを使ってウッドスタンド先端に穴をあけます。

スタンド先端の真上からまっすぐにドリルを入れ、3本のS字フックが取り付け(後述)できる大きさの穴をあけます。

使う電動ドリルは、高価で本格的なものでなくても全然OK!

木工小物のDIYに使う場合は、ホームセンターで売っている1,000~2,000円程度のものでも十分使うことができます。

2.S字フックを取り付ける

穴をあけたスタンドの先端にS字フックを取り付けます。

3本のS字フックを等間隔になるよう束ねて穴に差し込み、上からハンマーで叩いて押し込みます。

これだけでもしっかりと固定することはできますが、あらかじめ穴に接着剤を流し込んでおくとより強固に固定することができます。

3.アンティーク風にペイントする

2色の「ラストメディウム」を使って、錆感のあるアンティーク風にペイントします。

この「ラストメディウム」という塗料は、鉄の「錆び」を表現するための特殊な塗料です。

経年の浅い赤茶色の錆びを表現したい場合は「レッドブラウン」を、経年の深いこげ茶色の錆びを表現したい場合は「ダークブラウン」の「メディウム」を使います。

これら2色を使い分け、錆感のあるアンティークな風合いになるようバランスを意識しながら全体をペイントすれば完成です。

マルチユースなフックスタンド

使う場所を選ばないシンプルな装いのフックスタンド。

キッチンでカップグラスをサーブすれば、スタイリッシュなグラススタンドに。

ディスプレイしながら実用収納できる、便利でおしゃれなアイテムです。

絡まりやすいネックレスやブレスレットなどのアクセサリーも、ひとまとめに引っかけ収納できます。

美しいアクセサリーたちを空間に飾って楽しむ「ディスプレイスタンド」としても使うことができます。

まとめ

『セリア』のキッチンペーパーホルダーとS字フックという、異色のコラボレーションで作った「フックスタンド」をご紹介しました。

穴をあけて差し込むだけの簡単DIYなので、DIY初心者さんでも気軽にチャレンジできそうですね。

みなさんもぜひ作ってみてください!