駅無人化で権利侵害と提訴、大分

車いす障害者がJR九州に

©一般社団法人共同通信社

JR九州が進める駅の無人化を巡り、提訴のため大分地裁に向かう車いすの原告ら=23日午後

 JR九州が大分市内で進める駅の無人化で列車の利用が制限され、移動の自由を侵害されたとして、車いすで生活する市内の障害者3人が23日、同社に1人当たり11万円の損害賠償を求める訴えを大分地裁に起こした。

 原告側によると、障害者が、駅無人化による権利侵害を訴えた裁判は初めて。全国で進む無人化の是非が、司法の場で判断されることになる。

 訴状によると、原告3人は脳性まひや、事故による脊髄損傷のため体が不自由で、常に車いすを使っている。無人化で、事前に予約し、調整が必要になると主張。憲法が保障する移動の自由を侵害し、障害者差別を禁じた法律にも違反していると訴えた。