脱石炭で保険引き受け原則停止

SOMPOホールディングス

©一般社団法人共同通信社

 SOMPOホールディングスは23日、傘下の損保ジャパンが12月から国内の石炭火力発電所の新設に絡む保険の引き受けを原則的に停止すると発表した。「脱石炭」を明確にするのは国内損保大手で初めて。二酸化炭素(CO2)の排出削減に向けた世界的な潮流を踏まえた。

 石炭火力を巡っては、政府がCO2を大量に排出する非効率な発電施設の削減を打ち出している。東京海上ホールディングスやMS&ADホールディングスも近く、脱石炭に向けた方向性を示すとみられ、業界全体で取り組みが進みそうだ。