シルバーウィーク4連休 神戸「観光に前向き」・京都「ホテル満室」人出大幅増

©株式会社ラジオ関西

新型コロナウイルス対策で制限されたイベントへの参加人数が緩和されるなどした19~22日の「シルバーウイーク」4連休は、兵庫や京都などの観光地を中心に大幅に人出が増えた。

神戸・南京町
京都・清水寺

南京町商店街振興組合の曹英生理事長は観光客について「コロナ感染拡大前の1日約1万人のペースに戻った。GoToトラベルキャンペーンなどで、観光に前向きな雰囲気が出てきたような気がする」とホッとした表情。
清水寺・執事補の森清顕さんは「急に人が増えた印象。7月の連休よりも観光客が多い。近隣のホテルも満室だったと聞いている。今後はインフルエンザの流行も始まるので、門前町ともども感染対策は十分に注意したい」と話した。

姫路駅前では4月に比べ73.3%~45.8%増
難波駅周辺は最大で73.6%

スマートフォンなどの位置情報を基に主要エリアの滞在人数を推計する携帯電話大手・NTTドコモの「モバイル空間統計」で、緊急事態宣言発令前日(4月7日15時)と4連休中の人出を比較すると、最も増加率が高かったのが京都・四条河原町付近。4日間の人出は、それぞれ緊急事態前と比べて140.5%~86.2%増えた。

阪急・神戸三宮駅
京都・清水坂

兵庫ではJR姫路駅周辺が73.3%~45.8%増。ターミナル駅周辺の増加も著しく、大阪・難波駅周辺が最大で73.6%増、神戸・三宮駅周辺が最大20.5%増となった。