北半球の最低気温が記録更新

氷点下69.6度、29年前に

©一般社団法人共同通信社

 【ジュネーブ共同】世界気象機関(WMO)は23日、北半球で観測された過去最低の気温は、1991年12月にグリーンランドで記録された氷点下69.6度と認定し、従来の氷点下67.8度を更新した。世界最低気温は、83年7月に南極のボストーク観測基地で記録された氷点下89.2度。

 WMOは近年、過去の気象記録の検証作業を進めており、今回はその過程で過去最低と判明したという。

 北半球の最低気温はこれまで、いずれもロシア極東サハ共和国のベルホヤンスク(1892年2月)とオイミャコン(1933年1月)で記録された氷点下67.8度だった。