ジャニーズWEST・桐山照史が「ゲキカラドウ」でドラマ単独初主演!

©株式会社東京ニュース通信社

数々のグルメドラマを企画してきたテレビ東京が放つ、次なるグルメドラマのテーマは“激辛”! 2021年1月にスタートする「ドラマホリック!」枠の第5弾が、「ゲキカラドウ」(水曜深夜0:12、開始日未定)に決定した。ジャニーズWEST・桐山照史が主演を務める。

飲料メーカー「ロンロン」の社員・猿川健太(桐山)は、大手クライアントを多数担当する営業サポート。その実力が認められ、東京支社の営業促進室へ異動することになるが、一筋縄ではいかない辛口の営業先ばかりで悪戦苦闘を強いられる。しかし、激辛料理好きの室長・谷岡和彦(平田満)の影響を受け、激辛道=“ゲキカラドウ”に目覚めていく。

明るくて愛嬌(あいきょう)のあるサラリーマンである健太を演じる桐山は、本作が地上波ドラマ初主演で、単独主演も初めて。「『え!? どないしよ』って…初めての経験なので不安といえば不安なんですけど、初めてがグルメドラマでよかったなと思います」と笑顔を見せる桐山は、「僕、ジャニーズらしくない体形といいますか、がっちりしている方なので、バラエティー番組とかで食べるロケをした時に、いろんな方に『食べっぷりいいね』とか『おいしそうに食べるよね』と言っていただけることが多くて。おいしく食べる自信はあるので、主演だからと肩ひじ張らずに、皆さんにお世話になりながら頑張りたいと思います」と意気込んでいる。

激辛料理に関しては「『激辛大好きです!!』とは言えないですけど、辛い料理は好きですよ! 普段料理も自分でしますし、お店に行くこともあるんですけど、辛い調味料をオーダーすることが多いですね。ハンバーガー食べてもチリソースやハラペーニョが入っている方を選んでしまいますし、家にも激辛のストックとか多いですね」と、辛さへの耐性も万全の様子。

猿川が異動することになった東京支社の営業促進室には、濃いキャラクターたちが集結。激辛料理で“美”と“健康”を追求する促進室の紅一点、“エロ辛い”美女・大河内友麻を演じるのは泉里香。「『ゲキカラドウ』というタイトルと、『辛いものを食べるドラマです』と聞いていたので、どんなドラマなんだろうと思っていたら、読んでみてその通りだなと。ストイックさに驚きました(笑)。寝る前に台本を読んでいたのですが、おなかがすきすぎてしまって途中で中断してしまいました。そのくらい描写がすごくすてきでしたね」と、台本からも辛さと旨味が伝わってきたと明かす。「ただマーボー豆腐など辛い物は好きで食べるんですが、『ゲキカラドウ』レベルの激辛は食べたことがないので、ちょっと怖いなとドキドキしています」と、少しだけ不安な様子ものぞかせた。

営業促進室長で、猿川が激辛に目覚めるきっかけとなる“ゲキカラドウ”の創始者・谷岡を演じるのが、ベテラン俳優の平田。「自分がグルメ? ゲキカラ?と思いましたが、泥臭く頑張る人たちに人間味があっていい話だなと思いました」と、作品への第一印象を振り返る平田だが、「根っからの甘党なので……。でもキムチもカレーもわさびも好きです……激辛でなければ」と、実は甘党であることを告白。「見ていて体が熱くなるような、しびれるような、それでいてじんわり温かく、クスリと笑えるヒューマンドラマです。辛いもの好きにも甘いもの好きにも合います!」と、辛党だけでなく甘党に向けてもアピール。

“モテ辛ドウ”なる道を提唱する、ちょい悪オヤジ的色男・秋山雅人を演じるのは前川泰之。「オファーを聞いた時は『ゲキカラ…? 激辛…? 大丈夫か? 俺」と自問自答しました。辛いものは程よく好きですが、激辛は正直未知というか…怖さもありますね。撮影を終える頃には、激辛の向こう側に見える景色を楽しんでいたいと思います」と、まずは演技よりも辛さの程度が気になったと明かした前川。「昨今の激辛ブームも感じていたので、その着眼点からもきっと面白くなるだろうとの予感しかなく、とてもうれしかったです。台本を読んでみると、言葉のやりとりが面白く、登場する人物のキャラの濃さがイメージできて笑いました。秋山という役もすぐに好きになってしまいましたし、半面、この役をやり過ぎることなく、いかに面白く、いかに魅力的に作り上げていけるかという挑戦に今からワクワクしています」と気合十分。

取引先の常務の息子で、コネ入社した促進室一番の若手、そして「わざわざ辛い物を好んで食べる人の気が知れない」と思っている篠宮亮介を演じるのが、ジャニーズJr.で7 MEN 侍のメンバーである中村嶺亜。「激辛!?って思いましたが、台本を読んだ印象は、明るくてあっけらかんとしていて楽しそうな役でクランクインが楽しみだなって思いました。演じようとするよりは自分に寄せた方がやりやすい役だと思うので、ウザいけど憎めない人になれるように頑張ります」と、すんなり役に入っていけそうに感じたという。しかし、激辛については「YouTubeの撮影で激辛焼きそばを食べた時に、苦しみながらもなんとか完食できたので強い気がしていたのですが、『ゲキカラドウ』のお仕事が決まって、中華料理店に行った時に、せっかくだからと辛いマーボー豆腐を食べて撃沈しました(笑)」と、やはり“激辛”は一筋縄では攻略できない難敵であることを思い知ったと語る。

食べることが大好きで、実はモテるグルメマニア・山崎裕也を演じるのは、劇団ナイロン100℃所属の個性派俳優、森田甘路。「ずっと憧れだったテレ東グルメ系ドラマに出演できるんだ!と感動しました。しかもタイトルが“ゲキカラドウ(激辛道)”という作品に、“甘路”という真逆の名前を持つ自分が起用されているあたり、こりゃ相当な覚悟でのぞまないといけないぞ!と思いました」と喜色満面。「もともと食事シーンがある映画やドラマ作品が好きで。台本を開いた時も登場人物たちがちゃんと“人”として生きているな、ちゃんと食事を尊重してくれているなという安心感がありました。ただ激辛料理は好きなんですけど、数時間後におなかを壊すデリケートな体質です。万全な対策で撮影に臨みます」と、演技とは別の面での入念な準備が必要なことを明かした。