香川真司、移籍噂の6クラブまとめ

©フットボール・トライブ株式会社

香川真司 写真提供: Gettyimages

レアル・サラゴサの日本代表MF香川真司は厳しい時期を過ごしていることだろう。同クラブは経済的な問題、そしてEU圏外選手枠の問題によって、同選手の移籍を望んでいると言われている。

しかし、現時点では明確なオファーは届いておらず、香川の将来は未だに不透明となっている。

一方、香川に対する興味の噂は複数存在し、その中には同選手の次の移籍先となるクラブが含まれているのかもしれない。今回はそんなクラブをまとめよう。


香川真司 写真提供: Gettyimages

カディス

香川はアメリカのMLSやカタールなどのオファーを検討する前に、スペインに残る方法を探しているようだ。1部のクラブへの移籍を望んでいるようだが、現実的に厳しいのかもしれない。

現時点までに香川に興味を示したラ・リーガのクラブはセグンダ・ディビジオン(スペイン2部)から昇格したばかりのカディスだという。

同クラブに所属している前線のプレイヤーに対しては複数クラブからオファーが届いているようで、この移籍が実現した場合のみ、後釜として香川の獲得に動く可能性があるようだ。

しかし、メディアによると1番の課題は同選手の日本国籍にあるようだ。はたしてカディスは複数選手が移籍した場合、EU圏外枠を香川に使うのだろうか。


香川真司 写真提供: Gettyimages

ログロニェス

スペイン2部のクラブの中で、香川の獲得に最も積極的に動いているのはログロニェスのようだ。

スペインの『nuevequatrouno』によると、同クラブのSD(スポーツディレクター)であるカルロス・ラシェラス氏は、サラゴサと交渉を行っているようだ。

ログロニェスは前線を強化するため、香川を含めた新戦力を獲得しようとしている。しかし、補強を行うためには現在所属している複数選手の売却を行うことが必須となるようだ。

現状では香川の獲得は経済的に難しい模様。しかし、移籍マーケットが閉じるのは10月5日だ。時間は残されている。

香川真司 写真提供: Gettyimages

ラージョ・バジェカーノ、フエンラブラダ

香川の移籍噂クラブの中にはラージョ・バジェカーノとフエンラブラダもいる。

ラージョ・バジェカーノはサラゴサと連絡をとり、香川の現状を詳しく調べているとスペインの『Union Rayo』が報じている。

同メディアによると、マーケットが閉じる前までに同クラブは新戦力選手を5人程度補強するようだ。その中で最も獲得したいのはサイドバック(SB)、サイドハーフ(SH)、そしてセンターフォワード(CFW)のポジションだという。

しかし、ラージョ・バジェカーノの監督を務めているアンドニ・イラオラ氏は香川を高く評価し、上記のポジションと異なっても同選手を欲しがっているようだ。

また、フエンラブラダに関しては同選手を狙っているクラブとして名前が上がっているが、細かい情報は明らかとなっていない。


香川真司 写真提供: Gettyimages

アル・ラーヤン、アル・ガラファ

香川に興味を示しているクラブはスペイン国外にもある。サラゴサにはカタールから高額のオファーが届いたようだが、同オファーを出したクラブの名前は明らかとなっていない。

一方、8月20日に公開された伊メディア『TuttoMercatoWeb』の記事によると、カタールのアル・ラーヤン、そしてアル・ガラファが香川の獲得に動いていたようだ。同オファーはこの2つのクラブのどちらかから出されたものなのだろうか。

しかし、香川がカタールに移籍するのは現実的な話ではないと思われる。同選手はこれからもヨーロッパで活躍を続けることになるのだろうか。