西川貴教が自己陶酔の筋トレを推奨「健康増進にすごくいい。国の健康保険料も下がるはず」

©ジグノシステムジャパン株式会社

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週火曜日は、慶應義塾大学特任准教授でプロデューサーの若新雄純さんとお届け。9月22日(火・祝)の放送では歌手の西川貴教さんが登場。自身の活動方針や体型など、ここ4年半の変化について語りました。

左から、若新雄純さん、西川貴教さん、高橋みなみ

この日の番組ゆかりのゲストは西川さん。「これなに」には2016年の代演以来、約4年半ぶりの出演になります。その間には、自身が主催する「イナズマロックフェス」が10周年を迎えたり、朝ドラに出演したりと、精力的に活動をしてきました。

2017年には、T.M.Revolutionから西川貴教名義での活動を本格化。心の支えだった母の逝去もあり「自分ひとりで何ができるのか。もう1度裸になって1からいろんな人と接点を持っていきたい」と、本名による挑戦を始めた経緯を話します。

そして9月19日(土)には、満50歳を迎えた西川さん。「筋肉の鍛え方が半端じゃない」と若新さんが驚くと、その秘訣を教えてくれました。もともとは食べたいものを食べて、好きなだけ筋力トレーニングする生活だったのを、50歳を記念して発売する写真集の撮影に向け、初の減量に挑戦。

脂質の少ない赤身の肉を中心に食べ、ひと月に2キロずつ体重を落として、これまで計8キロを落としたと言います。なじみとなったスーパーの精肉売り場からは「赤身が入荷したら電話がくるようになりました(笑)」と西川さん。いまの体脂肪率は確実に10%以下だと胸を張り「筋肉は歌や芝居に続く新しい武器」と話しました。

さらに、筋肉に対する世間の目にも物申します。「筋肉をつけている人に対して抵抗がありませんか? 自己陶酔型の人たちなんじゃないか、って。でも(筋トレは)健康増進にすごくいい。日本人は寿命が長いわりに健康寿命が短い。ぜひもっと運動をして健康な状態が続けば、国の健康保険料も下がるはず」と西川さんは熱弁。若新さんは「自己陶酔は保険料を下げるのに必要なんだよ」とうなずくと、たかみなは「目標設定をしたら、そこに自分を持っていく西川さんの姿勢をリスペクトする」と話していました。


▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2020年9月30日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani