オリックス2軍の左沢投手が陽性

新型コロナのPCR検査

©一般社団法人共同通信社

オリックスの左沢優投手

 プロ野球のオリックスは23日、2軍で調整している左沢優投手(25)が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陽性と判定された、と発表した。20日に体調不良を訴えてからは自宅待機しており、24日から宿泊施設で隔離療養を行う。

 1軍の監督、コーチ、選手、スタッフとの接触はない。日本野球機構(NPB)に連絡し、23日のソフトバンク戦は予定通り実施された。保健所が濃厚接触者の特定を進めているが、球団の調査では、濃厚接触の疑いがある人物はいないという。

 2軍の監督、コーチ、選手らは、22日に定期のPCR検査を受けており、24日に結果が出るまでは自宅待機とした。