北朝鮮入り試みた韓国人が死亡

海で行方不明後に銃撃か

©一般社団法人共同通信社

 【ソウル共同】聯合ニュースは23日、北朝鮮に近い西部、延坪島の周辺海域で船に乗って違法漁業の取り締まり活動をしていた漁業指導員の韓国人男性が、21日に行方不明となった後に北朝鮮入りを試み、北朝鮮側から銃撃を受けて死亡したことが分かったと報じた。

 聯合によると、北朝鮮は既に男性の遺体を火葬した。新型コロナウイルスの防疫措置の一環とみられる。男性は業務中、北朝鮮に向かう目的で海に入り、漂流して行方不明になっていた可能性があるという。複数の情報当局者の話としている。

 韓国国防省は23日、この男性が22日に北朝鮮側の海域で見つかったとの情報があると発表していた。