新型コロナウイルス感染症に関連した偏見や差別、誹謗中傷はやめよう

©株式会社VOTE FOR

新型コロナウイルス感染症に関連した偏見(へんけん)や差別(さべつ)、誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)はやめよう

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染者・濃厚接触者、医療従事者やその家族、外国人の方などがいわれのない誹謗中傷やいじめ、差別的対応を受け、心を痛めています。

新型コロナウイルス感染症は、誰でも感染のリスクがあることから、公的機関が提供する正確な情報に基づいて、冷静に行動することが重要であり、感染者や濃厚接触者、医療従事者などに対する誤解や偏見に基づく差別は決して許されません。

法務省の人権擁護機関では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別や偏見、いじめなどの被害にあった方からの人権相談を受け付けています。
困ったときは、一人で悩まず、私たちに相談してください。

■みんなの人権110番
【電話】0570-003-110
様々な人権問題の相談

■子どもの人権110番
【電話】0120-007-110
いじめ・虐待などの相談

■女性の人権ホットライン
【電話】0570-070-810
家庭内暴力などの相談

インターネットでも相談を受け付けています