民放連/radiko共同企画! 青春ラジオドラマ「オートリバース」民放ラジオ全99局とradikoで12月に放送・配信

©株式会社radiko

一般社団法人日本民間放送連盟ラジオ委員会(以下:民放連ラジオ委員会)と、今年10周年を迎える株式会社radiko(以下:ラジコ)は、共同企画TOMORROW PROJECT「ラジオっていいね」を実施。青春ラジオドラマ「オートリバース」を民放ラジオ全99局とラジコで今年12月に放送・配信します。

主演を務めるのは、ジャニーズJr.内のユニット、HiHi Jets・猪狩蒼弥さんと作間龍斗さん。1980年代を駆け抜けたアイドルと親衛隊の少年たちの青春ストーリーを、若い世代のみならず中高年世代にも届けます。まるでその場に居合わせたような臨場感を再現するバイノーラル録音で、リスナーを“イマジネーションの世界”に誘います。

TOMORROW PROJECT 「ラジオっていいね 」とは?

TOMORROW PROJECT「ラジオっていいね」は、民放連ラジオ委員会と、今年10周年を迎えるラジコがタッグを組んだ共同企画。放送・通信融合のシナジー効果を最大限発揮してラジオコンテンツの新しい可能性と魅力を示し、ラジオ放送とラジコサービスの普及推進、若年層を中心とした新規ラジオリスナーの獲得を目指します。

民放連ラジオ委員会は、放送・通信融合時代における放送の価値向上策や、放送事業の未来像を検討・研究するための施策を進めています。“寄り添うメディア”として信頼される情報を広くリスナーに届けるラジオ放送の価値向上と、“いつでも、どこでも”ラジオコンテンツを届けることができるラジスマ(インターネットラジオとFM放送の両方でラジオが聴けるスマートフォン)の普及などを両立させて、ラジオ媒体の価値向上を目指しています。

ラジコは、2010年12月1日設立以来、今年で10周年を迎えます。そして本年は、民放ラジオ99局すべてがラジコへ参加することとなり、さらなるラジオ業界の発展を目指した大同団結という強固な土台づくりが完成。また、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大の影響による在宅リモート勤務などの新しい働き方改革の推進の流れを受けて、今春には月間ユニークユーザー数は過去最大の900万人に到達しており、音声によるエンターテインメントの価値が大きく見直されつつあります。

このような活動を継続しつつ、民放連加盟ラジオ局、ラジコ参加局がともに全99局となった今、放送と通信の融合を通して、ラジオを体験したことのない、新しいラジオリスナーの獲得を目指します。

青春ラジオドラマ「オートリバース」概要

TOMORROW PROJECT「ラジオっていいね」では、クリエイター・オブ・ザ・イヤー賞を二度にわたり受賞している高崎卓馬氏が書き下ろした、青春小説「オートリバース」(2019年、中央公論新社刊)を完全ラジオドラマ化。

誰もが青春の頃の胸の痛みを思い出さずにはいられない繊細な言葉たちが、立体音響システム(※バイノーラル録音)によって、想像を超えた臨場感で胸に迫ります。さらにドラマを彩る80年代の懐かしい歌謡曲たちが当時を知る世代には忘れかけていたノスタルジーを、若い世代には新しい体験をもたらします。演出は、映画監督・CMディレクターの長尾直樹氏が手掛けます。

※バイノーラル録音とはステレオ録音方式の一つで、人間の頭部の音響効果を再現するダミー・ヘッドやシミュレータなどを利用して、鼓膜に届く状態で音を記録することで、ステレオ・ヘッドフォンやステレオ・イヤフォン等で聴取すると、あたかもその場に居合わせたかのような臨場感を再現できる方式。FMのラジオ放送ならびにラジコの配信で体感・没入することが可能。

「オートリバース」あらすじ

1982年、夏。福岡からの転校生・橋本直は、千葉の中学で同じく転校生の高階に出会う。
学校にも家にも居場所はないふたり。
そんな彼らが出会った唯一の居場所が、デビューしたばかりのアイドル小泉今日子の親衛隊だった。
「俺たちの手で小泉を1位にする!」
その言葉は彼らを熱くした。
しかし、親衛隊が大きくなっていくと組織を大きくすることに高階は夢中になっていく。
そのことに違和感を覚える直とのあいだにやがて大きな溝が生まれていく。
ぶつかりあうふたつの青春。
そして誰も想像すらしていなかった結末が待っていた。。。

(中央公論新社,2019)

オートリバース特設サイト

原作者・高崎卓馬氏コメント

頭のなかで一度映像にして、それを描写するように小説を書いていきました。
イメージをつかむために主人公の印象に近い青年の写真をノートに貼ったりしながら。
それが実はこのHiHi Jetsのメンバーでした。
彼らを追うように描いたのでとても感慨深く、ドキドキしています。
10代の彼らの、かけがえのない瞬間を、この作品が切り取ることができたらとても幸せです。

■原作者プロフィール

高崎卓馬

1969年福岡県生まれ。電通CDC所属。エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/小説家。二度のクリエイター・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど国内外の受賞多数。主な仕事にJR東日本「行くぜ、東北」、サントリー「オールフリー」、ANA企業広告、BEAMS「会いたい」など。主な著書に小説「はるかかけら」(中央公論新社)「表現の技術」(朝日新聞出版)「面白くならない企画はない」(宣伝会議)などがある。

HiHi Jets・猪狩蒼弥、作間龍斗主演!

1980年代、アイドル親衛隊として青春を過ごした二人の少年の熱い物語「オートリバース」は、10代を中心に絶大な支持を得るジャニーズJr.内のユニット、HiHi Jets・猪狩蒼弥さんと作間龍斗さんが熱く演じます。

■出演者プロフィール

猪狩蒼弥(いがりそうや)

2002年9月20日生まれ。東京都出身。

2013年6月ジャニーズ事務所入所。ジャニーズJr.として活躍しながら2018年3月5日よりHiHi Jetsの一員に。同年3月21日から初の公式YouTubeチャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」を開設。コンサートをはじめドラマ、舞台、映画に出演するなど活躍中。2020年10月23日公開の映画「オレたち応援屋!!」に出演。

作間龍斗(さくまりゅうと)

2002年9月30日生まれ。神奈川県出身。

2013年2月ジャニーズ事務所入所。ジャニーズJr.として活躍しながら2018年3月5日よりHiHi Jetsの一員に。同年3月21日から初の公式YouTubeチャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」を開設。コンサートをはじめドラマ、舞台、映画に出演するなど活躍中。2020年8月26日コンサート「緊急生配信!!Johnny’s World Happy LIVE with YOU Jr.祭り~Wash Your Hands~」に出演。
※Johnny’s net online にて無料の生配信

ラジオ放送・ ラジコ配信概要

【ラジオ】(放送)

放送日時:2020年12月中の放送を予定

各放送局の放送日・時間等の詳細については今後開設する特設サイトに掲載予定

放送局:日本全国の民放ラジオ全99局(民放連会員社)

制作:民放連ラジオ委員会、株式会社radiko共同制作

出演者:猪狩蒼弥・作間龍斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)他

番組時間:約1時間(1話完結版)

【ラジコ】(配信)

配信日時:2020年12月中の配信を予定

配信場所:ラジコサイト、ラジコアプリの特設ページを予定

制作:同上

出演者:同上

番組時間:30分.11エピソード(予定)

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

プレミアム会員登録はこちら