米経済回復は脆弱、追加刺激策が必要=クリーブランド連銀総裁

©ロイター

[23日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は23日、米企業が数カ月前に事業を再開して以降、国内経済は予想以上に力強く回復しているが、広範囲に及んでおらず、持続可能なものではないと述べた。

オンライン討論会で、旅行やレジャー、接客業など多くのセクターは回復に時間がかかると指摘。経済支援に向け、金融政策は今後数年間にわたり、緩和的な状態を維持する必要があるほか、追加の財政刺激策が求められるとした。

メスター総裁は「これまでの回復にもかかわらず、われわれはまだ深い穴の中にいる」とし、「足元の回復は目に見えているが、広範ではなく、持続可能と呼べるものでもない。依然として脆弱だ」と語った。