石橋静河、映画『あのこは貴族』バイオリニスト役で出演決定! 「なんとか自分なりの精一杯を形にしました」

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

映画『あのこは貴族』の追加キャストが発表された。

2021年2月26日(金)に公開が決定した本作は、都会の異なる環境を生きる2人の女性が、恋愛や結婚だけではない人生を切り拓く姿を描いた作品。

監督は初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』で、新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子。原作は、映像業界が最も注目する山内マリコによる同名小説だ。

主人公の箱入り娘・華子を、本年度NHK大河ドラマ『麒麟がくる』でヒロインを好演中の門脇麦。地方から上京し、自力で生きる美紀役を、女優、モデル、デザイナーと多彩に活躍する水原希子が演じる。

追加キャストは、奇しくも2人を繋ぐことになる、弁護士・幸一郎役が高良健吾、華子の学生時代からの友人でバイオリニストの逸子役が石橋静河、美紀の地元の友人で同じ名門大学に入学する平田役が山下リオに決定したほか、華子の家族に、銀粉蝶、佐戸井けん太、篠原ゆき子、石橋けい、山中崇、幸一郎の家族に高橋ひとみ、津嘉山正種など、実力派俳優が集結した。

さらに、本作の特報映像も公開。

映像では、東京の箱入り娘・華子が見合いの末、良家の弁護士・幸一郎との結婚生活をスタートするが、幸一郎に“華子には夢なんかあるの?”と、華子が“結婚すること”のみにしか関心がなかったことを言い当てられてしまう。

一方で、華子とは一見接点などなさそうな地方出身者の美紀は、幸一郎と一緒にパーティを楽しんでいる様子を見せる。

そこから美紀を見かけた華子がタクシーを降りて、自転車で通り過ぎる美紀を呼び止める瞬間までが特報に収められている。

加えて、ティザービジュアルのデザインも発表された。

こちらは、『サスペリア』、『ミッドサマー』、『デッド・ドント・ダイ』で知られるグラフィックデザイナーの大島依提亜と、人気イラストレーターの塩川いづみが華子と美紀のイラストを描き下ろしたもの。

異なる階層に生き、身に纏うものが異なっていても、中身は同じ女性であると、シンプルな線で描くことで気づかせるビジュアルとなった。

ティザービジュアル ©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

コメント

高良健吾(青木幸一郎役):

それぞれの一生があり、そこにある当たり前のズレが、それぞれの一生に色を添えていて、すべてが1つの生き方で、この役だからこそ思うことが多くありました。その加減を監督と話し合うことが多く、役としての立場を監督は包み込んでくれていたと思います。そして、感覚的な演出がいろんな気づきを与えてくれて楽しかったです。

当時意識していたことが、現場をアップしてからも、時間が経つにつれ自分の中でより大きな意味を持っていることに驚いています。本当にいい経験をさせてもらいました。映画自体も時間が1つのキーワードです。

わからない正解が多い中、この映画はいろんな今が押し付けられることなく切り取られていると思います。

石橋静河(相良逸子役):

今回、初めてプロのバイオリニストの役を演じることになり、短い期間でしたが猛特訓をして、肩がガチガチに凝りながらも、なんとか自分なりの精一杯を形にしました。お芝居の面では、門脇麦さんと水原希子さんという人間的にも素晴らしいお2人とご一緒できたことがとても嬉しかったです。ぜひ劇場でご覧ください!

山下リオ(平田里英役):

私は、日々生きていく中で、社会には見えないカーストがあるのでは?と思うことがあります。そして、その社会の目を気にしながら、自由に生きることは難しい。台詞の一言一言に共感し、そんな社会に生きる女性たちが、足掻きながらも成長し、逞しく生きていく姿に、いつしか私自身がリンクし、演じながら勇気をもらっていました。撮影中、岨手監督は、優しく背中を押し続けてくださいましたし、水原希子ちゃんとは、旧友のように居心地よくいさせていただきました。あの一瞬一瞬が、すべて愛おしい時間です。ありのままの自分を抱きしめてあげたくなる映画になっているのでは。

ぜひ、たくさんの方に観ていただきたいです。

原作・山内マリコ:

映画『あのこは貴族』、正直に言って私、ものすごぉーく気に入ってます。2021年の日本映画の大収穫の1つなんじゃないかと。籠の鳥のようなヒロイン華子は、いつも安全なタクシーの中から、2度目のオリンピックを夢見て普請中の東京を眺めます。そして上京者という名の越境者であるもう1人のヒロイン美紀は、バッグを斜めがけにして自転車を漕ぐ。異なる階層に属する2人を岨手監督は、移動手段ひとつとっても映画的にアプローチしている。その演出力は本当に見事で、主役から傍役まで役者さんたちは誰もがその役柄を生きていて、命が吹き込まれるってこういうことかと唸りました。深みのある映像、美術、衣装、音響、どれをとっても丁寧ないい仕事ばかり。映画を観るよろこびをビリビリ感じます。世襲され固定化した社会階層と、女性をしばる価値観。女同士を分断させてなるものかと橋を渡す、逸子の存在。原作に込めたメッセージを大事にしてくれているのは、監督の作家性とこの物語が、ちゃんと共鳴しているからにほかなりません。監督ありがとう。岨手監督に撮ってもらえて、とても幸せな作品となりました。

映画『あのこは貴族』

2021年2月26日(金)全国公開

監督・脚本:岨手由貴子

出演:門脇麦 水原希子 高良健吾

石橋静河 山下リオ 佐戸井けん太 篠原ゆき子 石橋けい 山中崇

高橋ひとみ 津嘉山正種 銀粉蝶

原作:山内マリコ『あのこは貴族』(集英社文庫刊)

配給:東京テアトル/バンダイナムコアーツ

【ストーリー】

東京に生まれ、箱入り娘として何不自由なく成長し、“結婚=幸せ”と信じて疑わない華子。20代後半になり、結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされる。あらゆる手立てを使い、お相手探しに奔走した結果、ハンサムで良家の生まれである弁護士・幸一郎と出会う。幸一郎との結婚が決まり、順風満帆に思えたのだが……。一方、東京で働く美紀は富山生まれ。猛勉強の末に名門大学に入学し上京したが、学費が続かず、夜の世界で働くも中退。仕事にやりがいを感じているわけでもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。幸一郎との大学の同期生であったことから、同じ東京で暮らしながら、別世界に生きる華子と出会うことになる。2人の人生が交錯した時、それぞれに思いもよらない世界が拓けていくーー。

©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会