レッドブル・ホンダF1のフェルスタッペン「悔しいリタイアの後だけに、ロシアGPでは好結果をつかみたい」

©株式会社サンズ

 レッドブル・ホンダF1チームのマックス・フェルスタッペンは、2020年第9戦トスカーナGPでリタイアし、好結果をつかむチャンスを失ったことは悔しいが、気持ちを切り替えて、今後も優勝を目指して戦っていくと語った。

 ムジェロでのトスカーナGPではメルセデスに次ぐ3番グリッドを獲得したフェルスタッペンだったが、好スタートを決めた後、パワーユニット(PU/エンジン)の問題で後退、多重クラッシュに巻き込まれてレースを終えた。

 フェルスタッペンは2戦連続でリタイアし、ドライバーズランキングでトップのルイス・ハミルトン(メルセデス)との差が80点に拡大した。フェルスタッペンもチーム代表クリスチャン・ホーナーも、2020年のタイトル獲得の可能性はほぼ無くなったと発言している。

2020年F1第9戦トスカーナGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がアクシデントに巻き込まれ、コースオフ

「レッドブルチームの全員が1週間の休みを取ることができてよかったと思う。これからレースに戻るのが楽しみだよ。前回のムジェロでは決勝で1周もできずに終わったから特にね」とフェルスタッペンは、第10戦ロシアGPを前にコメントしている。

「あんな風にレースウイークエンドを終えなければならず、残念だった。あのレースでは表彰台の一角どころか、それ以上の結果を出すチャンスがあったと思う。でも頭を切り替えるしかないね」

「当然のことながら、チームとしてトラブルについての話し合いは行っている。全員が同じ方向を向いて取り組み、毎戦自分たちに可能なあらゆる可能性をかけて戦おうとしている。ムジェロではマシンが進歩したと思う。もちろんアレックス(アルボン)が初めて表彰台に上れたこともよかった。これからも優勝と表彰台を目指して戦い続けるよ」

 ソチ・オートドロームでのロシアGPで、フェルスタッペンは表彰台を獲得した経験がない。

「ソチは楽な戦いにはならないだろう。ロングストレートがいくつもあって、過去を振り返っても僕らが得意とするタイプのコースではないし、後方のライバルたちが差を縮めてくるだろう」とフェルスタッペン。

「独特のコースだ。ほとんどのコーナーが90度コーナーで、他のコースでは経験することのないレイアウトになっている。正しいセットアップを見つける必要がある。ストレート前の低速コーナーをうまく立ち上がれるようにすることが特に大事だね」

「オーバーテイクが簡単なコースではないが、オーバーテイクをあまり必要としない位置を走り、いい結果をつかめることを願っている」

2020年F1第9戦トスカーナGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)