コロナ対策の補正予算案103億円を可決 沖縄県議会

©株式会社沖縄タイムス社

沖縄県議会

 沖縄県議会9月定例会本会議が24日に開かれ、新型コロナウイルス感染症対策を中心とした総額103億9460万円の一般会計補正予算案を全会一致で可決した。補正後の歳入歳出予算額は8619億1587万円で、年度総額は最大規模を更新。新型コロナ関連予算は今回の第6次補正を含めて約1179億円となった。

 保育所・放課後児童クラブでの感染防止対策、修学旅行をはじめとした県内バスツアーの助成事業などに取り組む。

 病院事業会計補正予算案も全会一致で可決。6億4036万円を積み増す。