三浦淳寛氏がJ1神戸新監督に

元日本代表、札幌戦から指揮

©一般社団法人共同通信社

三浦淳寛氏

 J1神戸は24日、元日本代表でクラブのスポーツダイレクター(SD)の三浦淳寛氏(46)が新監督に就任すると発表した。26日の札幌戦から指揮を執る。

 神戸はトルステン・フィンク前監督(52)が家庭の事情を理由に21日付で退任していた。

 三浦氏は大分市出身。長崎・国見高から青学大を経て横浜フリューゲルス入り。2005年から07年途中まで神戸でプレーし、11年に現役引退した。日本代表として通算25試合で1得点、J1通算318試合で45得点。18年から神戸の強化、育成の総責任者であるSDを務めてきた。