ALSI、AIアシスタントチャットボット「ASBOT」の機能を拡充

©株式会社BCN

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、AIアシスタントチャットボットサービス「ASBOT(あすぼっと)」を機能拡充し、提供を開始した。

メールエスカレーション機能

今回の機能拡充では、「メールエスカレーション機能」と「利用ログレポート機能」を新たに追加した。メールエスカレーション機能は、ASBOTからの返答が求めていた回答と違った場合、問い合わせの種類によってあらかじめ設定された担当部門にエスカレーションする機能。ボタン一つでエスカレーションが可能なため、利用者は何も意識することなく正しい担当者から返答をもらうことができる。また、チャットでのやり取りがすべて担当者に送付されるため、問い合わせ内容を再度説明する必要はない。

管理者側では、エスカレーション先をQ&Aやシナリオごとに複数設定できるため、役割に応じた宛先を設定することができる。宛先を共有メールアドレスにすることで、複数のサポートメンバーでの共有が可能になるため、従来のエスカレーション機能では難しかった社内・社外での情報共有を速やかに、簡単に行うことができる。

利用ログレポート機能では、解決率、未解決率などの一般的な利用ログ情報に加え、利用者からのチャットボットの回答に対する要望がどれだけ発生したかがわかる「フィードバック数」や、「ヒット数ランキング」を追加した。ヒット数ランキングでは、問い合わせに対する解決率が表示されるため、回答率を下げているQ&Aを一目で確認できる。これにより全体の解決率、利用者からのフィードバックを把握することができ、的確にASBOTをメンテナンスすることが可能となる。