門脇麦×水原希子『あのこは貴族』特報解禁 高良健吾、石橋静河、山下リオら追加キャスト発表

©ブロードメディア株式会社

(左から)映画『あのこは貴族』の水原希子、門脇麦(C)山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

女優の門脇麦が主演し、共演に水原希子を迎える映画『あのこは貴族』が2021年2月26日より公開されることが決定し、特報とティザービジュアルが解禁された。併せて、追加キャストとして、高良健吾石橋静河山下リオらが出演することが発表された。

山内マリコによる同名小説を実写化する本作は、異なる階層で生きる女性たちの自立を描くシフターフッドムービー。門脇が、都会に生まれ、婚活に余念がない箱入り娘の榛原華子役で主演を務め、水原は地方から上京し、自力で都会を生き抜く時岡美紀役で共演する。メガホンを取るのは、初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』で新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子監督。本作が長編2作目となる。

今回発表されたのは、門脇と水原を囲むキャスト陣。奇しくも華子と美紀を繋ぐことになる弁護士・幸一郎役に高良、華子の学生時代からの友人でバイオリニストの逸子役に石橋、美紀の地元の友人で同じ名門大学に入学する平田役に山下が決定した。そのほか、華子の家族役を、銀粉蝶、佐戸井けん太、篠原ゆき子、石橋けい、山中崇、幸一郎の家族役を高橋ひとみ、津嘉山正種が務める。

特報は、箱入り娘の華子(門脇)が見合いの末、良家の弁護士・幸一郎(高良)との結婚生活をスタートさせるも、幸一郎から「華子には夢なんかあるの?」と、華子が“結婚すること”のみにしか関心がなかったことを言い当てられてしまう場面からスタート。続いて、地方出身者の美紀(水原)が、パーティで幸一郎と一緒に楽し気に過ごす様子、美紀を見かけた華子がタクシーを降りて、自転車で通り過ぎようとする美紀を呼び止める瞬間を収めている。華子と美紀がこの出会いをきっかけに、どのような決断をし、人生を切り拓くのか。二人のその先の展開に期待が高まる映像となっている。

ティザービジュアルは、『サスペリア』、『ミッドサマー』、『デッド・ドント・ダイ』を手掛けたグラフィックデザイナーの大島依提亜がデザインを担当し、人気イラストレーターの塩川いづみが華子と美紀のイラストを描き下ろしたもの。異なる階層に生き、身にまとうものが異なっていても、中身は同じ女性であると気づきを与えてくれるような、シンプルな線で描かれたビジュアルとなっている。

本作について、高良は「それぞれの一生があり、そこにある当たり前のズレが、それぞれの一生に色を添えていて、すべてがひとつの生き方で、この役だからこそ思うことが多くありました」、石橋は「今回、初めてプロのバイオリニストの役を演じることになり、短い期間でしたが猛特訓をして、肩がガチガチに凝りながらも、なんとか自分なりの精一杯を形にしました」とコメント。

山下は「私は、日々生きていく中で、社会には見えないカーストがあるのでは?と思うことがあります。そして、その社会の目を気にしながら、自由に生きることは難しい。台詞の一言一言に共感し、そんな社会に生きる女性たちが、足掻きながらも成長し、逞しく生きていく姿に、いつしか私自身がリンクし、演じながら勇気をもらっていました」と語っている。

映画『あのこは貴族』は2021年2月26日より全国公開。