法人向け二輪車用コネクテッドサービス 「Honda FLEET MANAGEMENT」開始

©株式会社自動車新聞社

本田技研工業株式会社(以下、ホンダ)は、ビジネスシーンで使用する二輪車に車載通信機を取り付け、業務運用上の各種動態管理を可能とする二輪車用コネクテッドサービス「Honda FLEET MANAGEMENT(ホンダ フリートマネジメント)」を2020年10月1日から法人企業向けに開始する。このサービスには、モビリティデータを活用したサービスを提供する株式会社スマートドライブの「Mobility Data Platform」が使用されている。

「Honda FLEET MANAGEMENT」は、業務運用における二輪車の位置情報をはじめ、加速・減速などの運転状況、訪問地点や走行距離等を記録し日報を自動作成するほか、あらかじめ登録した地点への接近・到着を管理者にメールで通知する機能等を備えた二輪車用コネクテッドサービス。また、取得した走行データをスマートドライブのデータサイエンティストが分析・解析することで、顧客ニーズに合わせた課題解決を提案する。

このサービスを通じ、ビジネス用途で二輪車を導入する法人企業のさらなる業務効率化と業務スタッフの負荷軽減と労働環境、安全面向上を図る考えだ。

一方、スマートドライブはこれまでも「Mobility Data Platform」を用いて、幅広い業種業態の企業と新しいサービスの創出に向けた協業を行ってきた。モビリティサービス作りにおける実績、データ解析の質、スタートアップならではのスピードなどが評価され、ホンダとの連携に至ったという。業務上得られたデータを利活用することで、ビジネス用途の二輪車をより効率的に運用し、ライダーへの安全運転啓発も行う。

サービスロゴ

主な機能は、以下の4つ。

・リアルタイムに車両の位置情報や稼働状況を把握

車両位置情報を確認することで迅速なサービスの提供に向けた配車を可能とし、業務効率のさらなる向上に寄与する。

・運転特性レポート機能

急加速、急制動の回数をモニタリングし可視化する。発生場所の特定が可能であるため、安全運転指導や安全運転の意識向上につながる。

・自動日報作成機能

走行日時、訪問場所、走行距離などが自動で記録され、一日の走行ルートも地図上で確認できるほか、車両管理に欠かせない保険、点検など、情報の一元管理が可能。

・ジオフェンス機能

地図上に仮想のエリアを設け、エリアに車両が接近、通過、到着した際に通知を受け取ることができる。

利用料金(1台/月)は契約年数1年で2,200円。別途、車載通信機と初期セットアップ費用等が必要となっている。

主な対応機種はビジネス用を中心に車載通信機が装着可能なHonda二輪車。ただしガソリンエンジン車はPGM-FI採用の車両に限る。またガソリンエンジン車への車載通信機取り付けには、別途、専用コネクターが必要だ。