え、フライパンでいいの?カルディの粉でつくった「手作りナン」がモチモチで激ウマだった。

©BuzzFeed Japan株式会社

先日…

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ナンを自分で作ってみました。

その結果、

めちゃくちゃ美味しくて感動しました。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

モチっとした食感が最高!

いびつな形も、自分で作ったと思えば美味しさに変わっちゃう♪

使用したのはカルディの「ナンミックス」。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

お値段390円。

調理が意外と簡単なんです。

水と、

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

サラダ油を入れて、

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

こねます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

30分〜1時間ねかせた後、お好みの形に伸ばして、

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

フライパンで焼けば完成です。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

「あ、フライパンで焼けるんだ」というのが購入の決め手。

プクプクと膨らむ過程が面白いです。

一袋で4〜5枚のナンが作れます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

1枚あたりの大きさは25cmの足くらい。

ちなみに…

パッケージによると「一晩ねかせると更においしくなります」との説明が。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

通常は「30分〜1時間」です。

一晩ねかせるとどれくらい美味しくなるのか気になるなぁ…。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

というわけで、両方つくってみました。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

一晩ねかせた方が、ふっくらしています。

1時間の方は伸びが悪く…

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

一晩の方は\ビヨ〜ン/と伸びます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

見た目もとってもなめらか。

でも、肝心なのは味です。

焼き上がりの見た目に差はありません。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

どちらも美味しそう。

いざ、実食。

一晩の方は、モチモチ食感が目立ちます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ギョウザの皮のようなモチモチ感です。

そして…

1時間の方は、ふわふわしていてパンっぽいです。こちらも美味しい。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

あれ、こっちも美味しいぞ…。

ふわふわしていて、こっちの方が好きという人も多そうです。

しかし…!

目をつむってようやくわかる違いです。

いらすとや

結論は、

「そんなに変わらない」

です。

時間がある時は一晩ねかせてもいいかもしれませんが、1時間でも十分美味しいです。

意外と簡単なので、カレーの日につくってみては?

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

お子さんと作っても面白そうです♪

味 ★★★★☆

つくりやすさ ★★★★☆

コスパ ★★★☆☆

リピート ★★★★☆

ナンミックスは無印にもありました。

BuzzFeed

「フライパンでつくる ナン」お値段は190円です。

カルディの「ナンミックス」は300g、無印は200g。

少なめがいい場合は無印がよさそう。

つくり方はほぼ一緒です。

BuzzFeed

ただ、無印の方は「常温で10分間ねかせる」だけでOK!

フライパンで焼いて、完成です。

BuzzFeed

ボコボコふくらむ過程が面白いです。

外はパリッ、中はふっくらとした仕上がり。

BuzzFeed

粉っぽさも全然ありません。

カルディのナンより早くできるのがポイント!

味 ★★★★☆

つくりやすさ ★★★☆☆

コスパ ★★★★☆

リピート ★★★★☆