「鬼滅の刃」偽フィギュアを販売

神戸市の中国籍の男を逮捕

©株式会社 サンテレビジョン

人気アニメ「鬼滅の刃」に登場するキャラクターの偽物のフィギュアを販売した疑いで、神戸市に住む中国籍の男が逮捕されました。

著作権法違反の疑いで逮捕されたのは、神戸市中央区に住むアルバイトで中国籍の、男(33)です。 警察によりますと男は、ことし4月から5月にかけ、漫画やアニメとして人気の作品「鬼滅の刃」に登場するキャラクター6体のフィギュアのセットを、無許可で複製されたものと知りながら3人に、合わせておよそ1万2000円で販売した疑いが持たれています。

県警は、ことし6月に京都府警から情報提供を受けて捜査を進めていました。

調べに対し、男は「ネットのオークションサイトで販売した」と容疑を認めているということです。

男は販売したフィギュアを中国から入手していたとみられていて、警察が仕入れ先などを調べています。