BTCC第5戦:トヨタ・カローラBTCCのトム・イングラムが今季初勝利から2連勝を飾る

©株式会社サンズ

 BTCCイギリス・ツーリングカー選手権の2020年シーズン第5戦が9月19~20日にスラクストンで開催され、TOYOTA GAZOO Racing UK・ウィズ・ギンスターズのトム・イングラムが今季初優勝から2戦連続勝利をマーク。トヨタ・カローラBTCCが反撃の狼煙を上げると、最終ヒートはBTCレーシングのジョシュ・クックとトム・チルトンがワン・ツーを飾り、FK8型ホンダ・シビック・タイプRも勝利を掴むなど、NGTC規定の日本車勢が快進撃を見せている。

 大幅ディレイで8月に開幕を迎えた2020年シーズンは、チームBMWの王者ウエスト・サリー・レーシング(WSR)に対しレーザーツールズ・レーシングの元ファクトリーマシン、インフィニティQ50BTCCが立ちはだかるなどFRサルーン同士の勝負が続いてきた。

 しかし、イングランド南岸のハンプシャー州に位置するイギリス屈指の高速サーキットでの勝負は、タイトルスポンサーであるYUASA(ユアサ)との10周年を記念して1戦限りのカラーリングを採用したハルフォーズ・ユアサ・レーシングのチーム・ダイナミクス、ダン・カミッシュ(FK8型ホンダ・シビック・タイプR)が好走を見せる。

 カミッシュのシビックはフリー走行1回目、2回目最速タイム記録の勢いそのままに、予選でもコースレコードを更新するタイムでポールポジションを獲得。フロントロウ2番手に今季からTOYOTA GAZOO Racing待遇を得たスピードワークス・モータースポーツのイングラム、セカンドロウには大ベテランのマット・ニール(FK8型ホンダ・シビック・タイプR/ハルフォーズ・ユアサ・レーシング)とアダム・モーガン(メルセデス・ベンツAクラス/ カールーブ・トリプルR・レーシング・ウィズ・マックツールズ)が並ぶなど、FFマシンが猛威を振るう展開となった。

 いつもならスタンディングスタートでのトラクションを活かして、FR勢が優位に立つオープニングでも、今回からFR車両に課せられたブースト調整の影響かBMWやインフィニティ勢には元気がなく、8番手発進の王者コリン・ターキントン(BMW330i Mスポーツ/チームBMW)はシングルポジションアップ、同11番手発進のアシュリー・サットン(インフィニティQ50BTCC/レーザーツールズ・レーシング)は8番手進出に留まる。

 その一方、ホンダ勢を出し抜いてホールショットを決めたのはトヨタのイングラムで、2番手に下がったポールシッターのカミッシュに3番手ニールのチーム・ダイナミクス勢、メルセデスのモーガン、そしてジェイク・ヒル(ホンダ・シビック・タイプR/MBモータースポーツ・アクセラレーテッド・バイ・ブルースクエア)を従えた5台のトレインで後続を引き離しに掛かる。

 すると4周目の最終シケインでパンクを喫したヒルがこの隊列を離れて戦線離脱。代わって今季投入の新型モデルをドライブする好調ロリー・ブッチャー(フォード・フォーカスST/モーターベース・パフォーマンス)が5番手に上がってくる。しかし、そのフォードの背後にはディフェンディングチャンピオンのターキントンと、2016年にスバルとともにタイトルを獲得したサットン、ふたりのFR使いが迫ってくる。

 このチャンピオン同士のバトルにも意外な結末が訪れ、6周目の1コーナーでインを刺したサットンが6番手に浮上すると、そのまま王者ターキントンはスローダウン。メカニカルトラブルを抱えたBMW330i Mスポーツは7周目終わりでピットへと向かい、懸命の修復作業が続けられることに。

タイトルスポンサーであるYUASAとの10周年を記念して1戦限りの記念カラーを採用したTeam DynamicsのFK8型ホンダ・シビック・タイプR
レース1では、首位攻防を繰り広げたダン・カミッシュに続き、大ベテランのマット・ニールも3位表彰台に喰い込む力走を披露
「この週末は、マシンのパッケージを含めてすべてが完璧に機能した」と語ったレース1勝者トム・イングラム

■レース2、レース3でも日本車勢が快進撃を見せる

 ここが選手権リーダーに対しポイントを埋めるチャンス到来と察知したサットンは、S字出口の右コーナーSeagrave(シーグレイブ)でブッチャーのフォードをパスして5番手に進出する。

 先頭集団は首位イングラムと2番手のカミッシュが、トヨタvsホンダという熾烈なテール・トゥ・ノーズのバトルを展開するも、レース巧者イングラムが再三のレイトブレーキングで迫るシビックを抑え切って16周を走破。わずか0.644秒差でトヨタ・カローラBTCCが待望の2020年初優勝を手にし、カミッシュ、ニールと特別カラーのシビックが続くポディウムとなった。

 そのままリザルト順のグリッドでスタートが切られたレース2は、スタートで2番手カミッシュが出遅れチームメイトに先行を許したものの、2周目にすぐさまポジションを奪還する。そこから前戦のリベンジとばかりに再びカローラを猛追すると、今度は0.291秒差まで詰め寄ったものの同じく16周のレース距離で逆転は叶わず。

 この日2度目の表彰台もまったく同じ顔ぶれとなり、レース中に白煙を上げたメルセデスに代わってサットンのインフィニティが4位に入り、最初のレースで手にした選手権リードをさらに拡大する結果となった。

「正直なところ、この週末に2勝することなんて考えてもいなかった。ここまでもうまく戦ってきたつもりだが(スポンサーである)ギンスターズと(今季からファクトリー支援を受ける)TGRのメンバーにとって最高に刺激的なレースウイークになった。ル・マン24時間での3連覇、WRC世界ラリー選手権での勝利に、このBTCCでの連勝を加えることができて素晴らしい結果になったよ」と、週末の成果を誇らしげに振り返ったイングラム。

 そして最終のレース3は、リバースグリッド抽選により前戦8位だったクックがポールから発進。2番手に僚友チルトン、3番手にブッチャー、4番手にWSRの若手トム・オリファント(BMW330i Mスポーツ/チームBMW)を従えて1コーナーへと向かっていく。

 ダブルウイン達成のイングラムはカローラにサクセスバラストを満載しながらも、サットンが操るインフィニティの背後6番手でオープニングラップを通過する。初戦同様に5周目のSeagrave(シーグレイブ)でふたたび仕掛けたサットンは、FR同士の対決を制して4番手オリファントをオーバーテイク。そのバトルを間近で注視していたイングラムも、インフィニティの後を追うようにBMWをパスし、ともに3番手のフォードを追走する展開となる。

 そのまま最後の表彰台争いにもつれ込んだ3台だが、攻撃と防御の応酬でポジションを入れ替えるには至らず。前方ではグレーにピンクのアクセントが鮮やかなクック、チルトンのBTCシビック艦隊がワン・ツーを決め、フォードのブッチャーが久々の表彰台を確保し、FF勢がポディウムを占拠。しかし4位に入ったサットンがさらに選手権での優位を拡大するポイントを得ることとなった。

 続く2020年BTCC第6戦は休む間もない連戦となり、9月26~27日の週末にシルバーストンでいつもどおりの決勝3ヒートが争われる。

「ここでポイントリードを奪えるなんて予想外」と、こちらも今季好調を維持するアシュリー・サットン(インフィニティQ50BTCC/Laser Tools Racing)
2020年投入のフォード・フォーカスSTが速さを見せるMotorbase Performance、ロリー・ブッチャーも6-5-3位と尻上がりにポジションを上げた
「ここが新たな開幕」と、昨季タイトル争いに絡んだジョシュ・クックが、ようやくのスピードを披露した