【新型コロナ】ソフトバンクの唾液PCR検査、配送料除き2000円で提供

©合同会社ソシオタンク

ソフトバンクグループの子会社「新型コロナウイルス検査センター」の検査施設が24日、千葉県市川市の国立国際医療研究センター国府台病院内で稼働を始めた。グループの孫正義会長兼社長は同日行われた開所セレモニーに出席し、検査費用について1人あたり配送料を除いて2000円にすると発表した。

孫氏「いつでも誰でも何度でも検査が受けられる体制作りが必要」

グループがこの検査事業のために設立した会社「新型コロナウイルス検査センター」が、千葉県市川市の国立国際医療研究センター国府台病院の建物を賃借し検査体制を構築、24日に稼働を始めた。1日当たりの検査能力は当初4000人で、11月中に1万人に引き上げる見込みという。

同日行われた開所のセレモニーに出席した孫氏は「経済の再起動と感染拡大の防止のため、いつでも誰でも高頻度で検査が受けられる体制作りが必要だ」と述べ普及に意欲を示した。そのため、検査1人あたりの費用は2000円と格安におさえると表明。同日から、同社のホームページで検査予約を開始した。まずは法人に限定するが、今冬以降に個人も受け付ける。

検査の流れは、申込受付後専用キットを配送。唾液を採取してもらい、キット内の薬剤でウイルスを不活化した状態で密封し検査施設へ送り返してもらう。検査自体は2時間で結果を判別できるという。なお検査プロセスに医師が関わっていないため医療的な診断にはならず、陰性証明書も発行しない。そのため受けつける対象は、検査が保険適用されない無症状者のみとなる。

孫氏はこの検査事業について「無症状の感染者が家庭や職場、店舗で感染を広めており、彼らを洗い出さないといつまでも新型コロナの感染は収束しない」と意義を強調した。