温暖化0.3度抑制効果

中国CO2排出ゼロ目標で分析

©一般社団法人共同通信社

 中国が二酸化炭素(CO2)排出量を2060年までに実質ゼロにする目標を公表したことに関し、将来の気温上昇を0.2~0.3度抑える効果があるとの分析を海外の研究組織が24日までにまとめた。「過去5年間で最も重要な気候変動政策の発表だ」と評価する一方、パリ協定が目指す水準の気温抑制には不十分だとして、各国に一層の削減努力を促している。

 中国のCO2排出量は世界全体の約4分の1を占め、国別で最も多い。ドイツなどの研究者の参加組織によると、排出が実質ゼロになれば世界の2100年までの気温上昇はこれまで予測した2.7度から、2.4~2.5度に抑えられると推定した。