ホラン千秋、ついに『バイキング』卒業! 小木からのセクハラも終止符

©株式会社サイゾー

タレントのホラン千秋(31)が。2014年の番組スタート時から6年半レギュラーを務めたフジテレビ『バイキング』(月~金曜11:55)を卒業した。

番組の最後にホランの卒業が発表されるとMCの坂上忍(53)は「ホランは本当に始まりからいてくださって、TBSさんの『Nスタ』があるにも係らず『Nスタ』さんの入り時間を遅らせてまでずっと、お付き合いくださっていたんで感謝しかないです」と裏事情を明かし感謝を伝えた。

ホランは坂上からコメントを求められると「『バイキング』が海の物とも山の物とも解らない時代から、視聴者の皆さんに見守って頂いて6年半務めることができました。本当に楽しい6年半でした、ありがとうございました」と笑顔で挨拶、坂上から花束を受け取った。

そしてお笑いコンビおぎやはぎにコメントがふられると、矢作兼(49)は顔にしわを寄せ泣き真似を見せ、それに乗っかり坂上も目薬を取り出し嘘の涙を流して見せた。ホランは「目薬目薬、やらせじゃないの」と楽しそうに突っ込んでいた。

矢作は「ホランが一番まともだと思ってたよ」とコメントしスタジオを爆笑させ「ホランがいなくなるなんて心配だよ」と今後の番組の行方を心配した。

タレントの松嶋尚美(48)は「先に私にふられて喋って、その後に(ホランが)喋ったら賢すぎて、“みんな私が言ったこと記憶から消して!”って思うことがしょっちょうありました。本当天才、わかりやすいし」とホランのコメント能力を大絶賛した。

これにおぎやはぎの小木博明(49)も「俺もそういうことあったな。僕が言ったあとだいたいホランが言って貰ったら全部フォローしてくれたり」と話すとホランは「小木さんは本当に問題発言しかなかった!」と早口でまくし立てた。

さらに小木は「意外だったのは『バイキング』を辞めて『Nスタ』行くのが意外でしたね」と最初にやっていた番組を切り捨てたかのようにいじった。

対してホランは「絶対ね、それ言う奴いると思ったんだよ! 坂上さんか小木さんかどっちかが」と乱暴に突っ込むと、「俺だったら絶対バイキング選ぶもんね」と調子の良い小木。相方の矢作が「小木はNスタできないから」と突っ込んでスタジオを笑わせ、この水曜日恒例とも言える小木とホランの言い合いを収めた。

28日から『バイキングMORE』にリニューアルし1時間延長するため、『Nスタ』との両立が実質不可能になり、降板は必然ではあるが『バイキング』に来るたびにセクハラを受けていたホラン。これからは『Nスタ』一本に集中できることを喜んでいるかもしれない。