JR九州、上場後初の赤字に

21年3月期、284億円

©一般社団法人共同通信社

 JR九州は24日、これまで未定としていた2021年3月期連結決算の業績予想を公表し、純損益が284億円の赤字(前期は314億円の黒字)となる見通しを示した。通期の赤字転落は16年10月の株式上場後で初めて。新型コロナウイルスの感染拡大の影響による鉄道利用低迷や、ホテルなどのグループ事業の不振が足を引っ張る。

 売上高予想は前期比32.6%減の2917億円。鉄道旅客運輸収入は776億円と、国鉄分割民営化に伴う1987年の同社発足後で最低となる見通し。

 本業の損益を示す営業損益は323億円の赤字になると予想しており、前期の494億円の黒字から転落する。