ソフトバンクがPCR検査施設を本格稼働、自治体や法人に2000円で検査を提供

©株式会社マイナビ

ソフトバンクグループの子会社である新型コロナウイルス検査センターは9月24日、千葉県市川市の国立国際医療研究センター国府台病院内に新設した新型コロナウイルスの唾液PCR検査を行う専用施設「東京PCR検査センター」を本格稼働させたことを発表した。

これまで同社は、暫定的に東京都新宿区の国立国際医療研究センターにある研究施設内で、唾液PCR検査を試験的に実施してきたが、新たに稼働を開始した東京PCR検査センターでは、1日あたり約4000件の検査が可能であり、唾液検体到着後、最短2時間で結果を出すことができるという。

そのため同社では、今回の東京PCR検査センター本格稼働を機に自治体や法人などと積極的に連携を進めていくとしており、民間の検査機関として、希望する自治体や法人などに1回の検査あたり2000円(税別、配送料や梱包費などは除く)で唾液PCR検査を提供していくとする。また、今後はさらに検査能力を高めていくとしており、今秋中に1日1万件のPCR検査ができる体制構築を目指すとしている。