今年2~8月 山梨県推計 観光分野の売上 2000億円以上減少

©株式会社テレビ山梨

山梨県内の今年2月から8月までの観光分野での売り上げが去年と比べ2000億円以上落ち込んだことが県の推計で明らかになりました。
これは9月24日開かれた県議会の代表質問で明らかになったものです。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で今年2月から8月までの7か月間、県内の宿泊や飲食、交通といった観光分野での売り上げは約565億円でした。
県が大手旅行会社に聞き取り調査を行い、算出したもので去年の同じ時期の2629億円に比べ2000億円以上減少し、8割近い大幅な落ち込みとなりました。
県は豊かな自然や神社仏閣を生かした新たな観光モデルの創出に加え、外国人観光客については入国規制の緩和を見据えて今のうちに観光案内の多言語化など受け入れ準備を進めることにしています。