千葉県 新規26人コロナ感染 「減少しているとは言い難い」と判断

©千葉テレビ放送株式会社

千葉県 新規26人コロナ感染 「減少しているとは言い難い」と判断

 千葉県内では24日、新たに26人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。また、感染が確認されて、治療を受けていた2人が亡くなっています。

 県などによりますと、24日新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたのは、10歳未満から60代までの男女あわせて26人で、このうち松戸市の60代の男性が重症、鎌ケ谷市の30代の男性が中等症だということです。

 すでに集団感染が確認されている柏市の柏たなか病院では、新たに30代の看護助手の女性が感染しました。この女性は、集団感染判明後の9月上旬の検査では陰性でしたが、21日に発症し、検査したところ陽性だったということです。この施設での感染者は33人となり、市は引き続き調査を進めています。

 また、県と柏市は、新型コロナに感染し、治療を受けていた男性2人が亡くなったことを発表しました。

 県内の感染者の累計は3715人で、このうち70人が亡くなっています。

 一方、県は24日、新型コロナウイルスの患者向けに確保する病床数について、4段階のうち上から2番目の「フェーズ3」を維持すると発表しました。

 確保する病床数について、県は、段階的に引き下げることにしていますが、新規感染者数が「減少しているとは言いがたい」として、2週連続で引き下げを見送りました。県は、引き続き、1週間単位で状況を判断するとしています。